トップページ > 最新情報 > 新型コロナの影響で3、4月の若年層の投稿動画視聴時間が大幅増〜ニールセン調査
2020年5月30日 20時56分

読了まで 150

新型コロナの影響で3、4月の若年層の投稿動画視聴時間が大幅増〜ニールセン調査

YouTube TikTok
 
新型コロナウイルス感染拡大防止のための外出自粛に伴い、3月〜4月の投稿型動画サービスの利用時間が増加していたことがわかりました。特に若年層での増加が目立ちます。

若年層では2時間40分以上の大幅増加

視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタルは、スマートフォン視聴率情報「ニールセン モバイル ネットビュー」のデータをもとに、2020年以降の新型コロナウイルス感染症(COVID-19) の影響による動画サービスの利用状況の変化についてまとめ、発表しました。ニールセン モバイル ネットビューは日本全国の8,000名(iOS、Android各4,000名)の調査協力モニターから取得するアクセスログ情報を元に作成されたものです。
 
それによると日本では、投稿型動画サービスの3月〜4月における1人あたりの月間平均利用時間が、1月〜2月平均と比べて約1時間増加していたことがわかりました。年代別に見ると若年層での利用時間増が特に目立ち、月に2時間40分以上も増加していました。
 
投稿型の動画サービスの利用状況

曜日に関係なく増加、時間帯では8時〜16時に20%増

利用時間が増えているタイミングをみると、1月〜2月平均と比べて3月〜4月平均では、全ての曜日で利用時間が増加しており、曜日に関係なく利用が増加していることがわかりました。時間帯別では、全ての時間帯で利用時間が増加しているものの、特に8時から16時までの日中ではCOVID-19の影響が出る前の1月〜2月と比べて20%以上利用時間が増加していました。
 
投稿型の動画サービスの利用状況

 
 
Source:ニールセン デジタル/PR Times
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる