トップページ > 最新情報 > 中国Montage、Intel Xeon互換Jintideプロセッサを量産開始
2020年5月27日 00時16分

読了まで 150

中国Montage、Intel Xeon互換Jintideプロセッサを量産開始

Jintide Montage Xeon 01
 
中国Montage Technologyが、国内および関係国向けとみられるIntel Xeon互換プロセッサの量産を開始したようです。このプロセッサは、Intelとの正式なパートナーシップ契約に基づいて開発されています。

サーバー、組み込み市場向け互換CPU

Montage Technologyは、パートナーの清華大学、インテルとともに、Jintideセキュアサーバー・プラットフォーム用のソフトウエア開発ビークルを立ち上げたと、2017年5月8日に発表していました。
 
今回量産が開始されたXeon互換プロセッサは、上記プロジェクトでも重要なパーツに位置づけられるものです。TechRadarによれば、このプロセッサはサーバーや組み込み市場向けに提供されるとのことです。

Xeon互換CPUのスペック

Jintide Montage Xeon 02
 
このXeon互換プロセッサは、2018年第4四半期(10月〜12月)に発売されたXeon W-3175(原文ママ)をベースに開発されており、ソケットはLGA 3647、コア数は最大24コア、ベースクロックは2GHzから2.2GHz、TDPは最大205Wのスペックになると、テック系WebサイトHKEPCが伝えています。
 
Apple製品においてXeon Wプロセッサは、Mac Proに採用されています。久しぶりに登場したIntel互換プロセッサ(CPU)であり、中国製Androidスマホのように高い価格性能比を持つと予想されますが、TechRadarの報道によればコンシューマー市場向けに販売されることはないとのことです。
 
 
Source:HKEPC via TechRadar
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる