トップページ > AirPods > 次世代AirPodsに周辺光センサー搭載でヘルスケア機能が追加される?
2020年5月26日 02時32分

読了まで 146

次世代AirPodsに周辺光センサー搭載でヘルスケア機能が追加される?

airpods
 
Appleは数年以内に、AirPods周辺光センサーを埋め込み、ヘルスケア機能を利用できるようにする、と台湾DigiTimesが伝えています。

周辺光センサーのバックエンド処理は台湾のASEに委託

次の1年〜2年以内に、Appleは次世代AirPods周辺光センサーの搭載を目論んでおり、台湾のASE Technologyが新技術のバックエンド処理を担うとみられています。同社のパッケージ機器の追加購入がその証拠であるとの見方です。
 
周辺光センサーは、生体測定に使用されるとみられており、次期AirPodsにヘルスケア機能が追加される可能性が浮上しました。

心拍数や歩数の測定、頭の動きの検出などが可能に

技術的な用語が多く難解ですが、ASE Technologyは、SESUB(セサブ:IC内蔵基板)ベースのSiP(system in a package:複数のLSIチップを1つのパッケージ内に封止した半導体)設計を次世代完全ワイヤレスステレオイヤホンに採用する、と報じられています。
 
ASEは、SiPと組み込みAI(英:embedded-Artificial Intelligence、e-AIとも)を組み合わせ、AirPodsで心拍数と歩数の測定健康状態のモニタリングや、インテリジェント翻訳頭の動きの検出などを可能にするとの見通しです。
 
 
Source:DigiTimes [1], [2] via MacRumors
Photo:Apple
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる