トップページ > 最新情報 > iPhone12に双方向ワイヤレス充電搭載?〜バッテリー残量35%で自動停止か
2020年5月26日 02時51分

読了まで 152

iPhone12に双方向ワイヤレス充電搭載?〜バッテリー残量35%で自動停止か

iPhone12 Power Drop 03
 
年内の発表が噂されるiPhone12双方向ワイヤレス充電機能を搭載しており、バッテリー残量が35%まで減少したら自動停止するように設定されているとの予想を、Svetapple.skが伝えています。

iPhone12の双方向ワイヤレス充電:PowerDrop

iPhone12 Power Drop 01
 
iPhoneへの双方向ワイヤレス充電機能搭載はiPhone11 Proでも噂されながら、実際には採用されませんでした。iPhone11 Proの内部には、双方向ワイヤレス充電に関すると思われるパーツの一部が見つかっていました。
 
アナリストのミンチー・クオ氏によれば、当時の双方向ワイヤレス充電の効率がAppleの求める基準に達していなかったため、同機能の搭載は見送られたとのことです。

バッテリー容量拡大のiPhone12で実現か

iPhone12 Power Drop 02
 
Svetapple.skによれば、バッテリー容量がiPhone11よりも拡大されるとの噂があるiPhone12には、双方向ワイヤレス充電機能が搭載される可能性が高いとのことです。
 
同メディアは、充電プロセスを下記のように予想しています。
 

  • 充電される側のiPhoneが、充電リクエストを送信
  • 充電を提供する側が、リクエストを承認
  • 充電が完了するか、充電を提供する側のバッテリー容量が
     残り35%になったら自動停止
  • 充電完了もしくは充電停止を通知
  •  
    Androidスマホでは既に双方向ワイヤレス充電機能が提供されているだけに、iPhone12シリーズのいずれかのモデルで、この機能が提供されるのか注目です。
     
     
    Source:Svetapple.sk
    Photo:TheApplePost
    (FT729)

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる