トップページ > iPhone > 新SEより小型と噂の5.4インチ版iPhone12、コンセプトイメージ登場
2020年5月18日 22時53分

読了まで 213

新SEより小型と噂の5.4インチ版iPhone12、コンセプトイメージ登場

iphone12 mini 5.4インチ コンセプトイメージ
 
2020年秋登場予定のiPhone12シリーズのうち、ラインナップの中では最も安価で小型な5.4インチモデルのコンセプトイメージが登場しました。

新SEより小さいiPhone12 mini


先日発表されたiPhone SE(第2世代)のサイズがiPhone8を踏襲していたため、予想外の大きさに落胆したiPhoneユーザーも多いでしょう(初代iPhone SEほどのサイズを求める声は根強く存在します)。そんな人たちに朗報です。
 
今秋に登場予定のiPhone12シリーズのうち、最も小型なiPhone12 mini(仮称)はiPhone SE(第2世代)よりも小さいと言われています。iPhone12 miniのディスプレイサイズは5.4インチと、iPhone SE(第2世代)の4.7インチよりも大型ですが、非ディスプレイ領域が圧倒的に少ないぶん、筐体サイズではiPhone SE(第2世代)を下回る計算です。
 
そんなiPhone12 miniのコンセプトイメージを、これまで公開されてきたリーク情報などを手がかりにLETSGODIGITALが公開しています。
 
iphone12 mini 5.4インチ コンセプトイメージ
iphone12 mini 5.4インチ コンセプトイメージ
iphone12 mini 5.4インチ コンセプトイメージ
 
iPhone12シリーズは合計4モデル登場し、内訳はハイエンドモデルが2種類(6.7インチ、6.1インチA)、ローエンドモデルが2種類(6.1インチB、5.4インチ)になると考えられています。このうち最も安価なiPhone12 miniは、2019年秋に発売された廉価版のiPhone11と同じデュアルカメラ搭載ですが、ディスプレイは他のiPhone12シリーズと同様に有機EL(OLED)ディスプレイを採用しているのが特徴です。
 

 
この他に画像や動画でまず目につくのは、ノッチの小型化に伴ってカメラの上にスピーカーが移動したことでしょう。スピーカーがマイクと一体化してノッチからベゼルに移動する見方は、ジョン・プロッサー氏が公開したリーク情報で登場しました。
 
また、金属フレームをガラス板で挟み込むデザインは往年のiPhone4/4sを彷彿とさせます。この他にもSIMトレイの位置がディスプレイ右から左(ボリュームボタン下)へ、ボタンの形状も従来モデルとなり四角形になっているのが分かります。
 
 
Source:LETSGODIGITAL
Photo:YouTube-Concept Creator
(kihachi)

カテゴリ : iPhone, iPhone12, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる