トップページ > 最新情報 > Google Play Musicが年内にサービス終了 YouTube Musicへ移行
2020年5月13日 09時35分

読了まで 29

Google Play Musicが年内にサービス終了 YouTube Musicへ移行

Google Play Music


 
Googleは現地時間5月12日、同社のクラウド型音楽サービス「Google Play Music」を年内に終了すると発表しました。また併せて本日より、「Google Play Music」から「YouTube Music」へ移行するツールの提供も開始しています。

後継サービスのYouTube Musicと統合

Googleは2011年9月より「Google Play Music」を提供開始、2015年11月からは実質的な後継サービスとなる「YouTube Music」を提供開始しています。
 
2019年9月には「今後発売するAndroid 9以降のスマートフォンにはYouTube Musicをプリインストールする」とアナウンスされたことから、「Google Play Music」の終焉は近いと見られていましたが、ついに2020年内のサービス停止が発表されました。
 
「Google Play Music」のユーザーが引き続きサービスを利用するには、期限内に「YouTube Music」へ移行手続きをする必要があります。
 
なお、原則としてGoogle Play Musicにアップロードした曲や購入した曲はすべて移行できますが、ライセンス等の関係で移行できないものもあるようです。
 
その他、以下のような情報も同時に移行が可能です。
 

  • アップロードした曲と購入した曲
  • プレイリストとさまざまなステーション
  • ライブラリ内のアルバムと曲
  • 高評価と低評価(高く評価または低く評価した曲)
  • 定期購入の支払い情報(現在、Google Play Musicを定期購入している場合)
  • 移行手続きの方法

    Google Play Musicのユーザーには、本日より移行手続きの方法がメールで案内されます。
     
    移行手続きは、iOS/Androidアプリもしくは専用の転送ページから可能です。
     
    iOS/Androidアプリでの移行方法
     

    1. アプリをダウンロード、起動
    2. アプリ右上のプロフィールアイコンをタップ
    3. 設定→転送→Google Play Musicからの移行をタップ

     

     
     
    Source:Google via ITmedia NEWS,携帯総合研究所
    (kotobaya)

    カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる