トップページ > 最新情報 > 新型13インチMacBook Proに、2019モデルまでのケースは装着可能か?
2020年5月7日 00時23分

読了まで 25

新型13インチMacBook Proに、2019モデルまでのケースは装着可能か?

moshi iGlaze Pro 13


 
Appleが2020年5月4日に発売した、新型13インチMacBook Proに、13インチMacBook Pro(2019年モデル)までのハードシェルケースも、多少きついだろうが装着出来るだろうと、iMoreは予想しています。ただし、互換性の確認出来ないハードシェルケースの場合は無理に装着しようとせず、スリーブへの収納を勧めています。

新型13インチMacBook Proは、高さが0.7mm増

新型13インチMacBook Proは、13インチMacBook Pro(2019年モデル)と比較して高さが0.7mm増の15.6mmとなっています。この程度の高さの増加なら、バタフライ式キーボードを搭載した13インチMacBook Pro(2016年〜2019年モデル)用のハードシェルケースでも、多少きついだけで装着できるだろうと、iMoreは予想しています。
 
互換性表記が確認できない製品の場合は、ハードシェルケースではなく、スリーブへの収納をiMoreは勧めています。

高品質なハードシェルケースほど装着は困難では

mjsoft moshi announce
 
13インチMacBook Pro(2016年〜2019年モデル)用の ハードシェルケースの場合、本体へのフィッティングを重視した高品質な製品ほど装着が困難か、装着不可と予想されます。
 
moshiのMacBook Air用ハードシェルケース、iGlaze Air 13は、2020年3月に発売された新型にも既存製品を装着可能だと公式ページで案内されました。筆者が購入してテストしたところ、ボトムカバーはゴム足を強く押し付けないと装着が困難でした。フィッティングがタイトな分、装着後のズレはありませんでした。
 
ただし、MacBook Airでは旧モデルとの高さの差は0.5mmだったのが、新型13インチMacBook Proでは0.7mmと拡大しているだけに、互換性表記のないハードシェルケースは装着できないことも考えられます。ハードシェルケースは、moshiや各社からの互換性に関するアナウンスを確認してから注文するほうが良さそうです。
 
 
Source:iMore, MJSOFT Inc.
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる