トップページ > iPhone > AppleのiMessage、将来は送信後の編集が可能に?
2020年5月1日 23時03分

読了まで 158

AppleのiMessage、将来は送信後の編集が可能に?

Apple-Patent-iMessage-Edit
 
AppleのiMessageは2011年に導入されて以来徐々に進化を遂げてきましたが、近い将来、送信後のメッセージが編集可能になるかも知れません。Appleが取得した特許から明らかになりました。

送信後のメッセージが編集可能に

米国特許商標庁(USPTO)が現地時間4月30日に公開した特許申請書「メッセージ送受信のためのデバイス、方法、そしてグラフィカルユーザーインターフェイス」には、Appleが将来的に、送信したあとでもメッセージを編集可能にする技術を検討していることが記されています。
 
SlackやChatworkなどの一部のメッセージングサービスでは、投稿後でもメッセージの編集が可能です。ただしこれらは同一環境内でのみ可能であり、セルラーネットワークを使って送信したメッセージは一般に編集することができません。
 
テキストメッセージの場合、一度送信したメッセージの編集や取り消しを行うには複雑なプロセスが伴うため、対応していないのはAppleのiMessageだけではありません。WhatsAppには誤送信したメッセージを削除する機能はあるものの、編集は不可能です。
 

Appleの特許には、送信したメッセージを回収、編集し、以前に送ったメッセージと同期させる技術の解説はないものの、ユーザーがメッセージを編集する方法は記されています。

「メッセージ」アプリ内でほかのアプリが使用可能に

Apple 特許 メッセージ
 
また特許では、Appleの「メッセージ」アプリ内から、サードパーティーのアプリを同時に呼び出して使用する、といった技術も紹介されています。これは中国のWeChatでは、すでに採用されています。
 
取得された特許がすべて実現するわけではありませんが、今回の特許については実用化される可能性が高そうです。

 
 
Source:USPTO via AppleInsider,9to5Mac
(lunatic)

カテゴリ : iPhone, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる