トップページ > 最新情報 > 2020年4月〜6月期のスマホ生産台数は16.5%減との予測〜過去最大の落ち込み
2020年4月30日 21時58分

読了まで 146

2020年4月〜6月期のスマホ生産台数は16.5%減との予測〜過去最大の落ち込み

iphone


 
2020年第2四半期(4月〜6月)のスマートフォンの生産台数は、対前年同四半期比で16.5%減となり、記録開始以来最大の落ち込みとなる、と調査会社TrendForceは予測しています。

年間のスマホ生産台数は11.3%減となる見通し

TrendForceによれば、2020年第2四半期に全世界で生産されるスマートフォンの台数は、対前年同四半期比で16.5%減となる2億8,700万台にとどまる見通しとのことです。
 
2020年の年間のスマホ生産台数は、対前年比で11.3%減となる12億4,000万台に落ち着く見込みです。

Appleは世界シェア3位に

TrendForceの2020年第1四半期(1月〜3月)のスマホブランドの市場シェアランキングによると、Appleは全体の13.5%を占め、Samsung(23.3%)、Huawei(16.4%)に次ぐ世界第3位となったことがわかりました。
 
2020年第1四半期のiPhoneの生産台数は、新型コロナウイルスの影響によりアジア圏のサプライチェーンで労働力と原料不足が生じたため、対前年同四半期比で8.7%減となる3,790万台にとどまりました。
 
trendforce
 
Samsung、Huawei、Appleの3強体制は今後も続く見込みですが、Appleは2020年第2四半期に0.9ポイントシェアを下げると予測されています。
 
 
Source:TrendForce via MacRumors
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる