トップページ > 最新情報 > Western Digital、各HDDの記録方式を公開、WD Red問題が関係?
2020年4月29日 14時42分

読了まで 215

Western Digital、各HDDの記録方式を公開、WD Red問題が関係?

Western Digital HDD lineup


 
Western Digitalは現地時間2020年4月20日、自社公式ブログに、「WD Red NASドライブについて」とのタイトルの記事を投稿し、各HDDシリーズの記録方式を公開しました。

WD Red NASドライブについて

Western Digital HDD
Western Digitalは今回投稿した記事で、瓦磁気記録方式(SMR:Shingled Magnetic. Recording)と従来型磁気記録方式(CMR:Conventional Magnetic Recording)を、どのHDDに採用しているかを明らかにしました。
 
Western Digitalは記事中で、下記のように述べています。

最近、一部のWD Redハードディスクドライブ(HDD)で使用されている記録方式についての議論が交わされています。本件に関し、弊社が誤解を与えていたとしたら、お詫び申し上げます。

 
SMR方式は瓦磁気記録方式とも説明されるように、隣接した記録トラックに(瓦屋根のように)重ね合わせるようにデータを記録します。それにより記録密度を高めることが出来、1プラッタあたりの記録容量増加に効果的です。

WD REDでのRAID再同期時にエラーが

WD RedハードディスクドライブはNAS用にカスタマイズされており、人気が高い製品です。
 
BLOCKS & FILESが2020年4月14日に報じた記事によれば、本製品をNASのRAIDアレイに追加しようとしたところエラーが発生したことから、作業を行ったネットワークマネージャーはその原因が磁気記録方式にあるのではと考え、Western DigitalにWD Redハードディスクドライブの磁気記録方式を問い合わせたとのことです。
 
しかし、Western Digitalのカスタマーサポートセンターからは、「その質問には答えられません」との返答しか得られなかったようだと、BLOCKS & FILESは報じています。
 
Western Digitalは当初WD RedシリーズにCMR方式を採用していましたが、アナウンスもなく一部の製品をSMR方式に変更していたようです。また、それを秘匿しようとした(ように見える)ことから、同社の姿勢に対して不満の声が上がっていました。現在出荷中のWD Redシリーズのうち、2TB〜6TBモデルは、SMR方式を採用しているようです。
 
 
Source:Western Digital. BLOG, BLOCKS & FILES
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる