「Google Card」が登場?〜Apple Cardに対抗か

    Google Card

    Google Card
     
    Googleが、独自の物理および仮想デビットカードの開発に取り組んでいるようです。米メディアTechCrunchが画像を入手、公開しています。

    Google Payの機能は限定的

    同メディアが画像とともに入手した情報によると、Googleのデビットカードを銀行口座と連携させることで、利用者は物理カード、スマートフォン、またはオンラインで商品を購入することができます。アプリで利用履歴や残高の確認も行えます。
     
    GoogleにはGoogle Payがありますが、現在は一般的な決済カードを経由したオンラインでの決済と、個人間送金の機能しか持っていません。

    Googleはデビットカード開発中であることを否定せず

    TechCrunchがGoogleに問い合わせたところ、Googleはデビットカードを開発中であることを否定しませんでした。そのうえで昨年11月、The Wall Street Journalが、Googleが普通預金口座で実験を行っていると報じた際に提供したのと同じコメントを、TechCrunchに返しています。
     

    米国の銀行および信用組合と提携し、Google Payを通じてスマート普通預金口座を提供する方法を模索している。顧客は便利なツールを利用して残高を管理したり予算を立てたりすることができ、同時に預金を安全に守ることができる。現在の主なパートナーはCitiとStanford Federal Credit Unionであり、今後数カ月以内に詳細を発表できると思う。

     
    Googleは2013年、旧決済アプリGoogle Walletの拡張版としてWalletデビットカードを導入しましたが、2016年に終了しています。

    近く登場?Googleカード

    Google Card
     
    Googleカードの画像によると、カードには銀行名が記され、VisaのICチップが埋め込まれています。ただし正式立ち上げ時にはMastercardなどにも対応する可能性があります。ユーザーはGoogleアプリから、連携する口座に入金したり、または別の口座へ振り込んだりすることができ、指紋認証と暗証番号でセキュリティを確保します。
     
    現時点ではカードの名称など詳細はわかっていませんが、Googleが近く、Apple Cardに対抗する、独自のデビットカードを発行するのはほぼ確実でしょう。

     
     
    Source:TechCrunch
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次