2020年4月15日 05時39分

読了まで 138

Apple Watchのプロトタイプ 廃棄物処理施設から入手したとの報告

Apple Watch proto1


 
初代Apple Watchが市販される1年前に作られたプロトタイプを、イタリアに住むジュリオ・ゾンペッティ氏が公開しました。

全て故障している

Apple Watch proto3
 
廃棄物処理施設から入手したというApple Watchのプロトタイプは全て故障しているそうですが、ゾンペッティ氏は修理して販売することを計画しているようです。同氏によれば、これらのプロトタイプの主要なパーツは壊れていないため、修理可能とのことです。

入手したプロトタイプは6個

Apple Watch proto3
 
ゾンペッティ氏は、6個のプロトタイプを入手したようです。
 

Model 12345とModel 123456の印字

Apple Watch proto2
 
プロトタイプにはバンドをはめ込む部分に「Model 12345」、底面に「Model 123456」と印字されています。
 

底面センサーの形状に違い

Apple Watch proto6
プロトタイプによっては、底面の形状や、センサーの数も異なっています。
 

数千ドルでの販売を計画

Apple Watch proto5
ゾンペッティ氏は、これらのプロトタイプを修理して数千ドル(数十万円)で販売することを計画しているようです。
 
 
Source:Motherboard via iMore
(FT729)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる