トップページ > iOS > iOS14で追加される「ウィジェット」をイメージしたコンセプト画像
2020年4月7日 13時29分

読了まで 223

iOS14で追加される「ウィジェット」をイメージしたコンセプト画像

iOS14 SpringKit コンセプト
 
iOS14で採用が噂されているウィジェット機能をイメージしたコンセプト画像が公開されました。

ウィジェットを好きな位置に動かせるのが特徴

iPhone用の次期OSとなるiOS14では、ホーム画面にウィジェットが設定可能になると報じられて話題となっています。
 
iOS14のウィジェットはiPadOS13の固定されたウィジェットと違って、ユーザーが好きな場所に移せるのが特徴と言われています。
 
米メディアBuzzfeedのプロダクトマーケティング責任者のパーカー・オルトラニ氏が、iOS14のウィジェット画面を想像したコンセプト画像を公開しました。

表示形式を選択できるウィジェット

コンセプト画像に描かれたiOS14では、開発者がホーム画面用のウィジェットを作成できる「SpringKit」フレームワークが用意されます。
 
ウィジェットは、「従来からあるアイコン形式」「データやボタンを表示可能なライブアイコン」「フルサイズのウィジェット」の3形式から選択可能です。
 
iOS14 SpringKit コンセプト
 
たとえば、「天気」アプリは通常のアプリアイコンよりも大きなウィジェットで、気象情報をリアルタイムで表示できます。
 
Apple Watchユーザーにおなじみの「アクティビティ」アプリのウィジェットをフルサイズ表示すれば、アクティビティリングの進行状況を確認できます。
 


 

iOS14は初のオンラインWWDCで発表

iOS14は、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、史上初の完全オンライン開催となった「WWDC 2020」で発表される見込みです。
 
リーク情報で知られるジョン・プロッサー氏は先日、WWDCでは14インチMacBook Proや紛失防止タグのAirTagが発表される、と発言しています。

 
 
Source:Parker Ortolani/Twitter, 9to5Mac
(hato)

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる