トップページ > 最新情報 > 「Appleでサインイン」がThe New York Timesなどで利用可能に
2020年4月7日 00時52分

読了まで 28

「Appleでサインイン」がThe New York Timesなどで利用可能に

Appleでサインイン
 
Apple IDを使用してアプリやWebサイトに簡単にサインインできる「Appleでサインイン(Sign in with Apple)」が、米紙「The New York Times」、ブログサービス「Medium」などで利用できるようになったことが明らかになりました。

拡大するサインイン機能のサポート

Twitterユーザーのベドロ・マルケス氏(@MetroManTO)は、Appleでサインインが利用可能となったプラットフォームを列挙しています。
 
リストには、ブログサービス「Medium」、複数のWebサービス同士の連携を可能にする「IFTTT」、米日刊紙「The New York Times」、アスリートのためのソーシャルネットワーク「Strava」、 事前オーダーアプリ「Ritual」、クラウドソーシングサイト「Fiverr」などが含まれています。
 


 
Appleでサインインは、Apple公式Webサイトで次のように説明されています。
 

フォームの入力をしたり、Eメールアドレスの確認をしたり、新しいパスワードを考えたりするのではなく、Appleでサインインを利用してアカウントを設定し、Appの使用をすぐに開始することができます。アカウントはすべて、2ファクタ認証による優れたセキュリティで保護されます。AppやWebサイトでのユーザーの行動をAppleが追跡することはありません。

 
 
Source:MacRumors
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる