トップページ > 最新情報 > Appleのティム・クックCEO、5月にオハイオ州立大学でバーチャル卒業スピーチ
2020年4月4日 21時18分

読了まで 142

Appleのティム・クックCEO、5月にオハイオ州立大学でバーチャル卒業スピーチ

ティム・クック
 
Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、5月にオハイオ州立大学の卒業式で登壇する予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、バーチャルでスピーチを行うことが明らかになりました。

クックCEOがどのように登場するかは未定か

オハイオ州立大学のマイケル・V・ドレイク学長は現地時間の4月3日、予定されていたAppleのクックCEOの卒業スピーチがバーチャルで行われることを発表しました。
 

ティム・クック氏を卒業式のスピーカーとして迎えられることをうれしく思う。この大切な伝統行事で、クック氏は独自の洞察力を持って、卒業生たちが未来を切り開いていかれるよう、導いてくれるだろう。

 
通常ならば、オハイオスタジアムに卒業生の友人や家族が招かれ、華々しく催される卒業式ですが、新型ウイルスが猛威をふるっているため、式典はドレイク学長、大学職員、特別ゲスト、クック氏のみで行われる予定です。クック氏が卒業式に実際に出席するのか、録画済みの動画が再生されるのか、ビデオ電話で登場するのか、詳細は明らかになっていません。
 
オハイオ州立大学は、ドレイク学長が状況を説明する動画を公開しています。
 

 
 
Source:AppleInsider
Photo:Austin Community College/Flickr
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる