トップページ > 最新情報 > Appleのティム・クックCEO、中国への寄付額を倍増させることを発表
2020年4月2日 14時52分

読了まで 146

Appleのティム・クックCEO、中国への寄付額を倍増させることを発表

クック weibo


 
Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は現地時間の4月1日、Appleが中国での新型コロナウイルス対応に寄付する金額を5,000万中国元(約7億5,700万円)以上に増やすことを中国のソーシャルメディアで発表しました。

クックCEOは自らWeiboに投稿

Appleはすでに、2,000万中国元(約3億250万円)を中国貧困扶助基金(China Foundation for Poverty Alleviation)を介して、2月5日に開院したばかりの雷神山医院を含む、中国・湖北省の6つの病院に寄付しています。
 
AppleのクックCEOは自身のWeiboアカウント(中国でのTwitterに相当)で、寄付額を当初の倍以上の5,000万中国元超に倍増させることを明らかにしました。
 
「中国はCOVID-19のアウトブレイク中で、素晴らしい精神と強靭(きょうじん)さを見せてくれた。当社は厳しい状況下での従業員、ビジネスパートナー、そしてお客様からの支援に感謝している」
 
weibo
 
Appleは、中国国内42店舗のApple Storeをすでに再オープンさせており、先日新型iPad Proが店頭に並べられている様子が報じられたばかりです。
 
なお、Weiboの投稿からクックCEOが使用しているiPhoneモデルは「iPhone11 Pro Max」であることがわかっています。
 
 
Source:Weibo via Reuters
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる