App Storeがさらに多くの国で利用可能に〜20カ国が仲間入り - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > App Storeがさらに多くの国で利用可能に〜20カ国が仲間入り
2020年3月25日 06時56分

読了まで 212

App Storeがさらに多くの国で利用可能に〜20カ国が仲間入り

app store


 
App Storeが利用できる国のリストに、アフガニスタン、ボスニア・ヘルツェゴビナを始めとする20カ国が新たに追加されることが明らかになりました。

2020年4月10日までの手続き完了をAppleは奨励

Appleはデベロッパ向けWebサイト上の「ニュースとアップデート」に3月23日付けで「App Storeはさらに多くの国で利用可能になります」と告知する内容を投稿しました。
 

デベロッパのみなさんによる創造性とイノベーションのおかげで、App Storeは世界で最も安全なマーケットプレイスであること以上の意味のある存在になりました。活気のあふれるプラットフォームとして成長し、素晴らしいAppが文化に影響を与え、人々のライフスタイルに変化をもたらしています。そこに訪れる人数は、毎週5億人を超えています。この誰でもアクセスできるプラットフォームによって、デベロッパの収益としては、これまでに1,550億米ドルがAppとApp内課金の売上だけで生み出されました。現在App Storeからユーザーにつながることができるのは、175の国や地域ですが、Appleから、今年新しく20の国でApp Storeが利用可能になるという嬉しいお知らせをお届けします。これにより、デベロッパのみなさんはさらに影響力を高め、新しいマーケットでビジネスを成長させることができます。

 
新しい国でアプリが表示されるようにするには、メンバーシップ内のアカウント保有者が、自身のアカウントでApple DeveloperのWebサイトにサインインし、最新版のProgram License Agreement(プログラム使用許諾契約)に同意する必要があります。
 
2020年4月10日までに手続きを完了させれば、コンテンツが新しい国で配信可能になった際、最初の段階で確実にアプリを配信することができます。
 
App Storeが新たに利用できるようになった20カ国は、次のとおりです。
 

  • アフガニスタン
  • ボスニア・ヘルツェゴビナ
  • カメルーン
  • コンゴ民主共和国
  • コートジボワール
  • ガボン
  • ジョージア
  • イラク
  • コソボ
  • リビア
  • モルディブ
  • モンテネグロ
  • モロッコ
  • ミャンマー
  • ナウル
  • ルワンダ
  • セルビア
  • トンガ
  • バヌアツ
  • ザンビア

 
 
Source:Apple via MacRumors
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる