米国トーク番組「Conan」、コロナの影響でiPhoneを使用し自宅で撮影

    talkshow

    talkshow
     
    コロナウイルスはエンターテイメント業界にも影響を与えています。トーク番組もその1つで、多くの番組は大都市の大規模なスタジオで収録が行われています。
     
    収録では多くの番組スタッフと観客が集まるため、番組収録には危険が伴います。

    コロナウイルスがトーク番組に与える影響

    いくつかのトーク番組は制作を停止し、その他、The View(ザ・ビュー)のような番組は、無観客で収録を行っています。トーク番組「Conan」も今週は休止になる予定でしたが、番組の司会者コナン・オブライエンとクルーは、自宅でトーク番組を撮影することを決めました。
     
    コナンは、撮影はiPhoneで行いゲストはSkypeを使用すると発言しています。そして、クルー達は自宅で仕事をします。
     
    コナンは、「仕事が好きです。私たちはコンテンツをつくるビジネスを行っています。私たちが、それをできないという考え方は少し悔しいです」と述べています。
     
    深夜トーク番組Late Nightで長年エグゼクティブ・プロデューサーを務めるジェフ・ロスは、「私たちには、無給でも仕事をしたいスタッフがいます。ただ、仕事を続けたいのです」とVarietyに語っています。
     
    今後、数カ月に渡って自宅での収録が行われるか、損失を負う可能性があります。
     
    スティーヴン・コルベアと、ジミー・ファロンも新たに撮影を開始する予定で、以前放送されたものに追加して放送する見込みです。
     
     
    Source:AppleInsider
    (m7000)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    本職はWebデザイナーでMacBook Airを10年以上愛用中。iPhone Maniaのライターとしては、2020年から活動開始。iPhone歴は4s→6→7→XS→12 Pro Max。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次