トップページ > iOS > iOS14のコードの中にAppleのオーバーイヤーヘッドホンのアイコンが見つかる
2020年3月12日 17時44分

読了まで 159

iOS14のコードの中にAppleのオーバーイヤーヘッドホンのアイコンが見つかる

AirPods-Max


 
流出した「iOS14」のソースコードの中に、発売が噂されているAppleブランドのワイヤレスオーバーザイヤー型ヘッドホンのものとみられるアイコン画像が見つかりました。

2018年に最初の噂、今年2月に在庫管理システムに登録

Appleが高音質ヘッドホンを発売するとの噂が最初に出たのは2018年のことです。Appleサプライチェーンに独自の情報筋を持つ著名アナリストのミンチー・クオ氏が、Appleは完全に新しいデザインのオーバーザイヤー型ヘッドホンを開発中で、早ければ2018年末までに出荷開始との予測を発表しました。
 
最近では、先月(2月)に米量販店Targetの在庫管理システムの中に、「Apple AirPods (X Generation)」と記された製品が追加されているのを従業員が発見し、Appleブランドのワイヤレスオーバーザイヤー型ヘッドホンが近々発売されるのではないかと話題になりました。
 
登録価格は、AirPods Proよりも150ドル高い399ドル(約44,520円)となっており、価格からハイエンド仕様であることが推測できます。

カラーは白黒2色、より多くの機能を搭載か

今回、米メディア9to5Macが入手したiOS14のソースコードの中に、Appleが発売を控えているとされるハイエンドオーバーザイヤー型ヘッドホンのものとみられるアイコン画像が見つかりました。
 
アイコンは白黒2つのカラーバリエーションがあることから、ホワイトとブラックの2色展開になる可能性が指摘されています。
 
Appleブランドのオーバーザイヤー型ヘッドホンは、約44,520円という価格設定から、Beats Studio3 Wireless(34,800円)や、AirPods Pro(27,800円)よりも多くの機能が搭載されると予測されています。
 
 
Source:9to5Mac
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる