トップページ > iPad Air > Apple、iPad Air(第3世代)の無償修理プログラムを開始
2020年3月7日 15時39分

読了まで 152

Apple、iPad Air(第3世代)の無償修理プログラムを開始

iPad Air(第3世代)
 
Appleは3月7日、一部のiPad Air(第3世代)を対象とした無償の修理プログラムを開始しました。画面が真っ黒になって何も表示されなくなる現象に対応します。

画面が真っ黒になる問題に対処

Appleが開始した「iPad Air(第3世代)の画面に何も表示されなくなる問題に対する修理プログラム」は、2019年3月〜10月に製造された一部のiPad Air(第3世代)が対象です。
 
問題が発生すると、画面が真っ黒になって何も表示されなくなり、元に戻らなくなる可能性があります。真っ黒になる前に、画面が一瞬ちらついたり光ったりすることがあります。

最初の販売日から2年間適用

修理プログラムは、対象となるiPad Air(第3世代)の最初の小売り販売日から2年間適用されます。なお、通常の製品保証期間を延長するものではありません。
 
この修理プログラムは世界共通ですが、修理を受けられるのは最初の購入国・地域のみとなる場合があります。

修理はApple正規サービスプロバイダかApple Storeに予約を

修理を受けるには、Apple正規サービスプロバイダ、またはApple Store直営店に予約して手続きを行います。
 
修理の開始前に、Appleが実機検査を行い、修理プログラムの適用対象かどうかが確認されます。
 
画面のひび割れなど、修理に支障をきたす損傷がある場合は、そちらを先に修理する必要があり、別途修理料金が発生することがあります。
 
Appleは、修理の前にiCloudまたはコンピュータにiPadをバックアップすることを推奨しています。
 
 
Source:Apple via MacRumors
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる