トップページ > 最新情報 > LINE、不正ログインに対する注意喚起を実施 4,000以上のアカウントが被害に
2020年2月27日 18時19分

読了まで 155

LINE、不正ログインに対する注意喚起を実施 4,000以上のアカウントが被害に

LINE
 
LINEは2月26日、2020年2月にLINEアカウントに対して不正ログインが発生し、約4,000を超えるアカウントが不正ログインの被害に遭ったと発表しました。
 
不正ログインに遭ったアカウントは、ユーザーの意図に反するスパムメッセージやタイムライン投稿が行われており、二次被害も発生しているとして注意を呼びかけています。

友達の投稿やメッセージでも不審なリンクなどには注意

LINEは、2020年2月に不正ログイン被害LINEアカウント乗っ取り被害の2種類のケースが発生したと発表しました。
 
不正ログインの被害に遭ったユーザー数は計4,225人です。地域別の内訳は、日本が4,073人、台湾が81人、タイが2人、その他の国家・地域が69人となっています。
 
不正ログインに遭ったアカウントは、継続して利用できるものの、ユーザーの意図に反するメッセージやタイムライン投稿が行われているようです。これらのメッセージやタイムライン投稿には、購買誘導をするためのスパムや、LINEアカウントの恒久的な乗っ取りを目的としたフィッシング詐欺のためのURLが含まれており、二次被害も確認されています。
 
LINEを装った不審な投稿
 
アカウント乗っ取り被害については現在調査中で、被害件数は明らかになっていません。
 
LINEは今回の被害を受け、悪用が確認されたサービスは既に複数の技術的対策を実施しているほか、被害が確認されたユーザーには通知とパスワードの初期化を実施しています。
 
ただし、引き続き二次被害が発生する恐れもあるため、LINEは、タイムラインに投稿された不審なリンクは開かず、LINEアカウントのパスワード確認を求めるメッセージにも応えないよう注意を呼びかけています。
 
 
Source:LINE
(kotobaya)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる