Apple株を多く所有するウォーレン・バフェット氏、iPhoneを使い始めたと告白


     
    世界で2番目に多くのApple株を所有するBerkshire Hathawayの筆頭株主として知られるウォーレン・バフェット氏ですが、これまでSamsungのガラケーSCH-U320を使用してきたことで知られています。バフェット氏は、米ニュース専門放送局CNBCの番組のインタビューに答え、最近iPhone11を使い始めたことを明らかにしました。

    バフェット氏のiPhoneの使い方はシンプル

    「Appleをただの株とは考えていない」と、現在Apple株の約5.7%を所有しているバフェット氏はCNBCの番組で語りました。「Appleを3番目の事業だと捉えており、世界でおそらく最も素晴らしい会社だと思っている。保険と鉄道を除いて、最も力を入れているのがAppleだ」
     
    Appleを非常に高く評価しているバフェット氏ですが、ガラケーを使用していることで知られていました。しかしながら今回、バフェット氏はついに自身もiPhoneを使い始めたことを明かしました。
     
    「(iPhoneを使用しているのか)訊いてくれてうれしいよ。そんなに頻繁ではないが、実は最新モデルを使っているんだ。これまでiPhoneをいくつかもらったことがあるし、(Appleの最高経営責任者の)ティム・クックがくれたこともある。使っていたガラケーは始末した」
     
    バフェット氏は、iPhone11を使う前は価格が20ドル(約2,200円)のSamsung SCH-U320を使用していました。
     

     
    「すべての機能を使っているわけではない」と、バフェット氏は自身のiPhoneの使い方はシンプルであると語っています。
     
     
    Source:CNBC via AppleInsider
    Photo:freeimage4life/Flickr, GSMArena
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次