トップページ > 最新情報 > Apple Music、アルバムの「その他のバージョン」表示を開始
2020年2月19日 15時26分

読了まで 150

Apple Music、アルバムの「その他のバージョン」表示を開始

Apple Music
 
Apple Musicではユーザーが別バージョンがあるアルバムを再生(選択)した際に、「その他のバージョン」を楽曲リストの下部に表示するようになっています。別バージョンには特典楽曲などが収録されている場合もあり、ユーザーが新たな楽曲に出会うきっかけになると期待できます。

Beatsのサービス

今回、Apple Musicが導入した別バージョンアルバムの表示は、例えばマイケル・ジャクソンの代表的なアルバムである「Thriller」を表示した際、収録されている楽曲の下部に「その他バージョン」として「Thriller (25th Anniversary)[Deluxe Edition]」が提示されるものであり、ユーザーがさらに多くの楽曲に出会えるきっかけになりそうです。
 
ios-adware-apple-music-3
 
ちなみにこの表示はApple Musicのサービス母体となったBeatsの楽曲配信サービスで提供されてきたものですが、Apple Music開始から約4年半経過して復活した形となっています。ただBeats時代とは収録曲数もアルバム数も、サービス提供国も格段に拡大しており、提供されているサービスは同じですが全く別のものと考えた方がいいかもしれません。
 
Apple Musicは今後もユーザーが自身の好みに合った音楽との出会いを助け、また新たな好みを発見する場所として特色あるサービスを提供していくことになるでしょう。今回の「その他バージョン」の表示もその一環であると考えられ、まだまだ進化していくApple Musicには今後も期待したいと思います。
 
 
Source:AppleInsider
(KAZ)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる