トップページ > 最新情報 > Googleマップが15周年〜トップ画面のタブを刷新、アイコンも新デザインに
2020年2月7日 08時00分

読了まで 24

Googleマップが15周年〜トップ画面のタブを刷新、アイコンも新デザインに

Googleマップ
 
Googleマップが現地時間2月6日、誕生から15周年を迎えました。Googleは15周年を記念して、iOSおよびAndroid向けGoogleマップアプリをアップデートし、既存の機能の使い勝手を向上させると発表しました。15周年記念として、Googleマップのアイコンのデザインも、カラフルな新しいものへと変更されています。

トップ画面下のタブが5つに

これまではトップ画面に「スポット」「通勤」「おすすめ」の3つのタブを配置していましたが、今回のアップデートでは「おすすめ」タグが廃止され、新たに「保存済み」「投稿」「最新」タブが追加されました。
 
Googleによれば、Googleマップ利用者が「お気に入り」として登録した場所は世界全体で65億カ所以上に上ります。「保存済み」タブの追加により、自分で登録したお気に入りの場所が簡単に確認できるようになります。
 
「投稿」タブでは世界各地のGoogleマップユーザーが投稿した最新情報(道の混み具合、閉店した店、レストランの評価など)がチェックでき、「最新」タブでは地元の利用者やメディアの情報に基づく人気の店、流行っている食べ物、最新スポットなどを調べることができます。
 
Googleマップ

公共交通機関の詳細な情報を提供

さらにGoogleは、公共交通機関の利用者からの情報活用も強化します。昨年より、電車やバスの混み具合の予測通知を開始しましたが、今回のアップデートにより、電車やバス内の温度、車椅子専用スペースや介助スタッフの有無、女性専用車両の位置、警備員やセキュリティカメラの有無、電車の車両数(日本限定)の情報も提供されます。
 
Googleマップ

Liveビュー機能

またGoogleは今後数カ月かけて、ストリートビューに拡張現実(AR)機能を取り入れたLiveビュー機能を拡張していくことも明らかにしました。Googleマップを使って徒歩で移動する際、Liveビュー機能は周囲の景色に「ピン」や文字を重ね、どちらに向かって歩き出せばいいかを示してくれます。
 
Googleマップ

 
 
Source:Google
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる