トップページ > iPhone12 > Appleのティム・クックCEO、業績発表の中でiPhone12についての質問を回避
2020年1月29日 19時33分

読了まで 21

Appleのティム・クックCEO、業績発表の中でiPhone12についての質問を回避

iPhone12 Concept Creator LetsGoDigital
 
Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、同社2020年度第1四半期(2019年10月〜12月)の業績発表の中で、5G対応のiPhone12について質問されたものの、巧みな返答でデバイスの詳細について言及するのを避けました。

「量産準備に入っているデバイスは素晴らしい」とだけコメント

Morgan Stanleyのアナリスト、ケイティ・ヒューバティ氏から5G対応iPhoneの実現可能性について質問されたクックCEOは、5Gは初期段階にあるとだけ答えるにとどめ、iPhone12が5G対応となるかどうかは明らかにしませんでした。
 

これから発売される製品についてコメントしないことになっているので、直接的な回答は避けさせてもらう。5Gについてだが、世界的に見ても初期段階にあると言えるだろう。量産準備に入っているデバイスは素晴らしいもので、我々の立ち位置を他社に譲るつもりはない。

 
Callan and Companyのアナリスト、クリシュ・シャンカー氏が、「5G対応iPhoneはいつ発売されるのか」「部品の値段が高くなるためデバイスの販売価格はより高価になるのか」と聞きましたが、クックCEOは質問に答えませんでした。
 

もう一度強調するが、これから発売される製品についてはコメントしないことになっている。しかしながら、5Gについて一般的に言うならば、世界中を見て、様々な展開スケジュールを把握することが重要だろう。他の地域では、ここ(米国)と大きく異なるかもしれない。価格に関しては、発表されていないデバイスについてはコメントしないことになっている。

 
今年秋の発売が見込まれるiPhone12は5G対応になると噂されており、Qualcommの5Gモデムが使用される見通しです。クックCEOは、現時点では5G全般についてコメントするにとどまり、次期iPhoneについて言及することを避けました。
 
 
Source:9to5Mac
Photo:LetsGoDigital
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる