トップページ > 最新情報 > iPhoneとiPadが埋め込み可能な母体デバイスの特許をAppleが申請
2020年1月29日 03時18分

読了まで 210

iPhoneとiPadが埋め込み可能な母体デバイスの特許をAppleが申請


 
iPhoneとiPadを埋め込むことができる、MacBookのようなデバイスの特許をAppleが申請していたことが明らかになりました。

あくまで補完的なアクセサリーデバイス

「デザインや質量を含めるポータブルコンピューティングデバイスの見た目は、ユーザーのデバイスの全体的な印象を決める大切な要素である」と、現地時間の1月28日付けで公開されたAppleの特許出願「電子アクセサリーデバイス」に記されています。「しかしながら、利用可能なスペースは限られるため、ポータブルコンピューティングデバイスが追加機能を提供するために別のリソースが必要になることもある」
 
特許図面には、MacBook Proのようなデバイスが描かれており、iPhoneを埋め込むことができる溝が開いています。別の特許図面には、iPadがディスプレイ部分に入るタイプのデバイスも確認できます。
 

 
デバイスはMacBook Proのように見えますが、あくまでもiPhoneやその他のホストデバイスの補完的なデバイスであると記されています。
 
「アクセサリーデバイスのデータ処理性能は制限されるか、存在しない」と書かれています。「アクセサリーデバイスは、ノートパソコンに似た見た目になる可能性があり、ディスプレイなどのデータ出力機能や、キーボードなどのデータ入力機能が含まれるかもしれない」
 
「アクセサリーデバイスには、メモリも含まれる可能性がある」「アクセサリーデバイスには、ホストデバイスと通信するためのポートなどの接続部分が含まれる可能性もある。これによって、ホストデバイスはアクセサリーデバイスの機能を使用することができる」
 
その他のデバイスの記述として、薄いデバイスになる可能性、本体のみでは自律的には動作しないこと、CPUやそれに近いプロセッサなどは搭載されないことが確認できます。
 
しかしながら、追加のグラフィック性能がホストデバイスに提供され得ると記されています。
 
Appleが特許を申請しかたらといって、実際に技術の開発を行っているとは限りませんが、アクセサリーデバイスが商品化された場合、一定の需要があるのではないでしょうか。
 
 
Source:Apple/USPTO via AppleInsider
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる