トップページ > おもしろ ネタ > 米バーモント州でナンバープレートでの絵文字の使用が可能になるかも
2020年1月28日 03時29分

読了まで 146

米バーモント州でナンバープレートでの絵文字の使用が可能になるかも


 
米バーモント州で、絵文字ナンバープレートへの追加を許可する法案が議会に提出されました。法案が可決されれば、米国で初めて絵文字入りのナンバープレートが実現することになります。

6つの絵文字から1つ選ぶことが可能

民主党のレベッカ・ホワイト議員によって提出された新法案は、6つの絵文字から1つ選んで自動車のナンバープレートに使用できるという内容のものです。法案が通れば、米自動車管理局から割り当てられる、もしくはドライバーが選ぶ英数字に絵文字が加えられるようになります。それゆえ、絵文字だけでナンバープレートが形成されるわけではありません。
 
絵文字の自動車のナンバープレートでの使用は画期的なように思えますが、世界初ではありません。すでに昨年からオーストラリアのクイーンズランド州では、5つの絵文字から1つ選んでナンバープレートに使用できるようになっています。
 
豪クイーンズランド州では絵文字のナンバープレートへの追加にかかる料金は485豪ドル(約35,700円)となっています。米バーモント州での料金設定は今のところ明らかになっていません。
 
クイーンズランド州では、「嬉し泣きの顔😂」「ウィンクの顔😉」「サングラスの笑顔😎」「目がハートの顔😍」「にやにやした笑顔😀」の5つから選ぶことができますが、バーモント州での絵文字の選択肢はまだわかっていません。
 
 
Source:Engadget, PPQ via 9to5Mac
(lexi)

カテゴリ : おもしろ ネタ, 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる