トップページ > 最新情報 > 米トップ100のサブスクリプションアプリで年間3,900億円売上〜App Store
2020年1月28日 01時49分

読了まで 226

米トップ100のサブスクリプションアプリで年間3,900億円売上〜App Store


 
米国のiOSユーザーは2019年、App Storeで公開されているサブスクリプション(月額)アプリ上位100個に対し、計36億ドル(約3,920億円)を支払ったことが分かりました。

成長著しいサブスクリプションアプリ

米調査会社Sensor Towerの集計によると、2019年に米App Storeのサブスクリプションアプリ上位100個を対象として支払われた計36億ドルは、2018年より16%も多いそうです。
 
App Store全体の年間売上153億ドル(約1兆6,660億円)のうち、サブスクリプションアプリの上位100個だけで24%を占めていることからも分かるように、月額課金アプリはユーザーにとって欠かせないものとなっています。
 
サブスクリプションアプリ1位はYouTubeで売上10億ドル(約108億円)超、2位はTinderとなりました。
 
app store google play サブスクリプション
 
また、米国のAndroidユーザーが利用するGoogle Playでは、同じくサブスクリプションアプリ上位100個に、年間11億ドル(約1,200億円)が支払われました。App Storeの規模には及ばないものの、2018年の7億7,500万ドル(約844億円)から42%増と、大幅な成長を遂げています。
 
app store google play サブスクリプション
 
Sensor Towerによると、App StoreとGoogle Playでトップ10のサブスクリプションアプリは、前年比で10%の売上増となった一方、11位〜100位のサブスクリプションアプリは35%の売上増となりました。これは人気上位のアプリのみが成長しているわけではないことを意味していると考えられます。つまり、サブスクリプションモデルは、アプリ開発者にとっても利益を得やすい仕組みというわけです。

Appleが徴収するマージンが問題に

ただし、サブスクリプションアプリの恩恵を受けるのは、アプリ開発者だけではありません。
 
Appleは2016年以降、App Storeで公開されたサブスクリプションアプリから一定割合のマージンを徴収しています(ユーザーが月額課金を開始して最初の1年間は売上の30%、それ以降は15%)。
 
ここから得られる収益は、Appleのサービス部門成長に一役買っていますが、同社の一人勝ちを快く思わないライバル企業も少なくありません。
 
例えば、音楽ストリーミングサービスのSpotifyはApp Storeでサブスクリプションアプリを提供していますが、同ストアからダウンロードされたアプリは、Appleからマージンを徴収されます。そのためSpotifyは、Apple Musicと価格で公正な競争ができないとして、Appleを独占禁止法違反で訴えています(Apple側も反論)。
 
 
Source:Sensor Tower via MacRumors
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる