トップページ > AirPods > AirPodsを片耳ずつ交換してGoogle翻訳の音声読み上げで授業中での会話を実現
2020年1月23日 20時58分

読了まで 159

AirPodsを片耳ずつ交換してGoogle翻訳の音声読み上げで授業中での会話を実現


 
AirPods片耳ずつ交換し、Google翻訳の音声読み上げを使って、授業中でも会話ができるようにする動画TikTokに投稿され、大きな話題を呼んでいます。

考えついたのは十代のユーザー

十代のTikTokユーザー(@_leilanaa)が、画期的なAirPodsの使用法を考えつきました。
 
AirPodsを片耳ずつ交換し、Google翻訳の音声読み上げ機能を使って、AirPodsをトランシーバーのように利用するというものです。
 


 
1つのAirPodsのペアには同じ音声が再生されるため、異なるペアのAirPodsを片耳ずつ装着することで、お互いのデバイスで再生した音声を共有できるという発想です。TikTokでは、動画にすでに250万以上のいいねが入っています。

AirPodsのイヤリングも以前話題に

昨年1月にもAirPodsの紛失を防ぐ画期的なアイデアが提案され、大きな話題を呼びました。
 
「AirPodsでイヤリングを作ってみた。いい写真が撮れるまでシェアしたくなかったけどまあこんな感じ」
 


 
 
Source:@_leilanaa/TikTok
(lexi)

カテゴリ : AirPods, おもしろ ネタ, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる