2020年のiPhoneは中国製のOLEDディスプレイを採用か


     
    中国のディスプレイメーカーBOEは、2020年にもiPhone向けに有機EL(OLED)ディスプレイを供給し始める、とテックメディアRPRNAが伝えています。

    SamsungのOLEDディスプレイの独占的供給は終わりを迎える?

    RPRNAが韓国メディアから得た情報によれば、BOEのOLEDディスプレイは、2年以内にSamsungと競合するようになるとのことです。BOEは、2020年にもAppleにOLEDディスプレイパネルの供給を開始するとみられています。
     
    韓国のアナリストは、BOEは2021年に4,500万枚のOLEDディスプレイパネルを出荷すると見込んでいます。
     
    SamsungはiPhoneのOLEDディスプレイを現在も独占的に供給していますが、昨年は出荷台数が減少したことがわかっています。
     
    サプライヤーの多様化のため、AppleがBOEとLG DisplayからOLEDディスプレイを調達するようになれば、Samsungは支配力を失うことになるでしょう。
     
    なお、BOEはHuaweiの主要ディスプレイサプライヤーとしても知られています。

    iPhone12シリーズについての情報も

    RPRNAの報道では、2020年のiPhone12シリーズについても触れられています。iPhone12シリーズに搭載されるA14チップセットは、台湾チップメーカーTSMCにより5nm(ナノメートル)プロセスルールで生産される見込みとのことです。
     
    A14チップは来年の始めに生産トライアルが行われ、2020年第2四半期までに量産が始まるとみられています。
     
     
    Source:RPRNA via 9to5Mac
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次