トップページ > Apple Watch > 気象予報士が身につけていたApple Watchが天気予報と反対の意見をコメント
2019年12月2日 21時39分

読了まで 144

気象予報士が身につけていたApple Watchが天気予報と反対の意見をコメント


 
英BBCの気象予報士の男性が、番組で米ミネソタ州ミネアポリスの天気予報を伝えていたところ、Apple Watchが突然起動し、予報と反対の意見を主張し始めるという、予想外の出来事が発生しました。

気象予報士の男性はまんざらでもない様子

BBCの気象予報士トーマス・シャフェンナーカー氏が、ミネアポリスの天気は雪となるとの予報を伝えた直後に、同氏が身につけていたApple WatchのSiriが起動し、予報とは正反対の「雪は降らない」と主張するというハプニングが起きました。
 
一部始終を聞いていた番組のアンカーは、「君の天気予報では、確か雪が降るということだったよね?」とシャフェンナーカー氏に確かめると、同氏は「そのとおりです。おそらく別の場所のことだと思ったのでしょう」と返事しました。
 
シャフェンナーカー氏は、Apple Watchを着けてくるべきではなかったと嘆いていますが、後にBBC Weatherの投稿した動画を自身のアカウントから再投稿しており、まんざらでもない様子です。
 


 
 
Source:Mashable
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる