トップページ > iPhone > なぜ歴代iPhoneにはiPhone2とiPhone9がないのか?
2019年11月28日 20時38分

読了まで 218

なぜ歴代iPhoneにはiPhone2とiPhone9がないのか?

初代iPhone スティーブ・ジョブズ
 
2007年から毎年リリースされているiPhoneは、原則として代を重ねるごとに数字がひとつずつ増えています。ところが、iPhone2とiPhone9だけは存在しません。これについて、中国メディアの麦凱森科技が面白い考察を紹介しています。

iPhone2はApple Ⅱと重複するから?

初代iPhoneは2007年に発売されましたが、翌2008年に登場したのはiPhone2ではなく、iPhone3Gでした。これについて一般的には、3G回線に対応したのでこのような名称になったと考えられています。
 
iPhone3G 発売日
 
ただし、コンピュータApple Ⅱの存在を指摘する見方もあります。Appleが1977年に発売したApple Ⅱは爆発的にヒットし、今のパーソナルコンピュータの礎を作ったと言われているほどです。Appleにとって伝説となったApple Ⅱと被らないよう、iPhone2という名称を避けたというわけです。
 
また、この時点ではiPhoneの数字を増やしていく計画自体がAppleになかったのではないか、とする説もあります。

iPhone9はアメリカンジョークが関係?

初代モデルが登場してから10年が経つと、iPhoneの数字はマイナーアップデートを意味する「s」を挟みながら順に増えていくのが慣例となっていました。
 
2016年のiPhone7/7 Plusに相当するモデルが、2017年にはiPhone8/8 Plusとなったため、2018年の廉価版はiPhone9かiPhone8s、遅くとも2019年にはiPhone9が登場すると考えるのが妥当でした。
 
ところがiPhone X(10)やiPhone XRが登場したことによって、iPhone8の次はiPhone11まで飛んでしまいます。
 
Apple iPhone11 シリーズ
 
一般的には、本来iPhone8となるはずだったモデルをiPhone登場10周年で「iPhone X」とした関係で9が飛ばされた、と言われています。しかし、中にはアメリカンジョークが関係しているのではないか、とするユニークな見方もあります。

どうして「7」は「9」を怖がるの?
 
セブン(7)、エイト(8,ate:eat=食べるの過去形)、ナイン(9)だからさ。

大ヒットとなったiPhone7ほどには売れないことを、Appleが過度に恐れたとするのは考えすぎでしょうか。ちなみに2020年のiPhoneは、iPhone11sではなくiPhone12になると予想されています。
 
 
Source:麦凱森科技
(kihachi)

カテゴリ : iPhone, おもしろ ネタ, 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる