Twitter、来月のアカウント削除を警告

    Twitter

     Twitter
     
    Twitterが、半年以上ログインのないアカウントに対して、12月11日までにログインしなければアカウントを削除するという内容のメールを送っていることが分かりました。削除されたアカウントのユーザー名は他の人が使用できるようなります。

    12月11日までにログインがなければアカウント削除

    米メディアThe Vergeの報道によると、Twitterは半年以上ログインしていないアカウントを対象に、12月11日までにログインしなければそのアカウントを完全に削除するという主旨のメールを送り始めているということです。
     
    Twitterは今回の措置を、「非アクティブなアカウントを整理することで、Twitter内でより正確かつ信頼できる情報を提供するのが目的」としています。
     
    半年以上ログインしていないTwitterのアカウントは莫大な数になりそうですが、非アクティブユーザーだけでなく、既に亡くなった人のアカウントも相当数あると考えられます。
     
    亡くなった人のアカウントについては、その家族や関係者がTwitterに連絡すれば削除できますが、Twitterでは今後そのアカウントをFacebookの追悼アカウントのように別途管理していく方法を検討中とのことです。

    ログインさえすれば削除されない

    今回削除の対象になるのは、あくまでログインしていないアカウントなので、12月11日までにツイートしていないからといって削除されることはありません。
     
    また、削除されたアカウントのユーザー名は他の人が使えるようになる見込みですが、現時点ではいつから使用可能になるかは明らかになっていません。
     
    Twitterによれば、アカウントの削除には数カ月必要とのことなので、12月11日に削除されて空きとなったユーザー名を、その日のうちに他の人が使用できるようになるわけではないと考えられます。
     
     
    Source:The Verge via 9to5Mac
    (Vivi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次