Apple WatchにFace IDを導入か、スポーツのパフォーマンス分析にも使える可能性 - iPhone Mania
トップページ > Apple Watch > Apple WatchにFace IDを導入か、スポーツのパフォーマンス分析にも使える可能性
2019年11月24日 02時13分

読了まで 137

Apple WatchにFace IDを導入か、スポーツのパフォーマンス分析にも使える可能性


 
今月19日にAppleが取得したApple Watch関連の特許に、ユーザー本人を撮影可能なカメラ機能、すなわちApple WatchへのFace ID搭載を示唆する説明が含まれていることがわかりました。

スポーツのパフォーマンスを分析できる機能を追加か

特許において注目すべきなのは、スマートバンドにあるセンサーがスポーツコーチングに役立つ可能性を示唆している点です。例えば野球やゴルフなどで、握りを検知したり、スイングの速度などを分析するのに利用できるのではないかと考えられています。

QRコードやバーコードを認証可能に?

特許はまた、Apple Watchの文字盤に含まれるカメラについても説明しています。バーコードやQRコードのスキャン、またユーザー自身を写すのに活用すると記されていますが、これはビデオ通話やFace IDを意味すると思われます。
 
加えて今回公開された特許には、Apple Watchのスマートバンドにあるセンサーがユーザーの手首を認証する、いわゆるWrist IDのような働きをすることも示唆されています。
 
 
Source:Patently Apple via 9to5Mac
(tamakuwa)

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる