ニセのiPhoneを本物と交換する詐欺が発生〜Appleに6億円超の損害


     
    アメリカ合衆国司法省(DOJ)は現地時間の11月13日、ニセのiPhoneとiPadを米国とカナダのApple Storeで本物と交換する詐欺に関わったとして、14人を告発しました。

    1万台以上のニセiPhoneとiPadが中国から輸入

    「偽造品を生産し、それを米企業を騙すのに使用する行為は、市場を根本的に弱体化させ、(詐欺に利用された)個人情報が盗まれた罪なき人々に損害を与えるものだ」と、米連邦検事ロバート・ブリューワー氏はコメントしています。
     
    起訴状によれば、1万台以上のニセのiPhoneとiPadが中国から輸入されたとのことです。偽造製品は、意図的に傷つけられ、Apple Storeで正規のデバイスと交換されていました。

    デバイス交換に本物のユーザーIDを使用

    容疑者たちは、Apple Storeで本物の製品と交換してもらうため、Appleの製品保証に登録している人々の実際のiPhoneやiPadのIMEI(端末識別番号)とシリアル番号を使用したとされています。
     
    本物のiPhoneとiPadは中国に送り返され、他の国々で高値で取引された、とDOJは記しています。
     
    DOJによると、被告たちは、詐欺、共謀、個人情報の盗難、資金洗浄の罪に問われており、Appleに610万ドル(約6億6,300万円)の損害を与えたとのことです。
     
     
    Source:アメリカ合衆国司法省 via CNET
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次