トップページ > 最新情報 > スタンフォード大学医学部、Apple Watchを使った研究成果の詳細を発表
2019年11月16日 09時35分

読了まで 154

スタンフォード大学医学部、Apple Watchを使った研究成果の詳細を発表

Apple Watch
 
Apple Watchは正確に心拍数を測定し、さらに心拍リズムが正常かどうかを判定することが出来ます。この機能を使い、スタンフォード大学は40万人以上のユーザーのデータを集めてきましたが、その結果が公表されています。

40万人以上が登録

スタンフォード大学が実施した「Apple Heart Study」には40万人が登録し、Apple Watchが収集した心拍データを同研究に提供しました。これは一般的な医学的調査に比べて遥かに多くの参加者となっており、広く販売されているApple Watchを使った研究の一つのメリットと捉えられています。
 
Apple Watch Series 4 心電図
 
この40万人のうち、約2,000人からなんらかの異常がApple Watchによって検知されました。異常が検知されたユーザーはさらなる検査のための機器を2週間装着して詳しいデータを同大学に提供。約500人から詳細なデータが得られ、多くのことが判明しました。
 
Apple Watchが異常を検知し、さらなる検査を行なって詳細なデータを提供した人の84%に心房細動があることが分かり、Apple Watchによる心臓の監視が有効に機能しているという示唆が得られています(確定的ではありませんが)。また既存の研究で明らかになっているように、Apple Watchによる監視でも高齢者に多くの異常が確認されました。

課題は多い

しかしApple Watchを正式に健康状態を監視するためのツールとして活用するにはまだ課題が多いようです。たとえばApple Watchが心房細動を検出しても、それが「間違い」である場合がありました。特に若い被験者の間で、この誤検出が多く見られたとのことです。
 

 
 
Source:CNBC
(KAZ)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる