トップページ > 最新情報 > Apple Payに対抗?「Facebook Pay」が発表
2019年11月14日 02時23分

読了まで 28

Apple Payに対抗?「Facebook Pay」が発表

Facebook Pay
 
Facebookは現地時間11月12日、Facebook、Messenger、Instagram、WhatsApp上での決済を可能とする新しい決済システム「Facebook Pay」を発表しました。

まずはFacebookとMessengerで利用可能に

Facebook Payは、前述のアプリ内での購入や個人間でのお金のやり取りを可能にするもので、基本的にはすでに数多く存在するオンライン決済システムと変わりません。ポイントは、Facebookが展開する複数のSNSアプリで共通して利用できるという点でしょう。
 
まずは米国において、FacebookおよびMessengerで今週より利用可能になるとのことです。ただし当面は、ゲームアプリ内での購入、イベントチケットの購入、ファンドレイジング、一部Facebook Marketplace出店者からの購入、そして個人間での支払いなど、用途が限定されます。
 
Facebookは、順次Facebook Payが使える場を増やすとともに、追ってInstagramとWhatsAppでも利用可能にすると述べています。

Facebook Payの設定方法

Facebook Payの設定方法および使い方は以下の通りです。
 

  1. FacebookアプリまたはWebサイトの「設定」で「Facebook Pay」を選択
  2. クレジットカード、デビットカードなどの支払い方法を追加
  3. 支払い時に「Facebook Pay」を選択

 
Facebook PayはPayPalと同様、主要クレジットカードおよびデビットカードに対応しています。

アプリ上での支払いのみ可能

気になるセキュリティについては、カード番号や銀行の口座情報などはもちろん暗号化されていますが、ユーザー個人がPIN番号、あるいはTouch IDやFace ID認証でさらに保護することも可能です。
 
冒頭にApple Payに対抗、と書きましたが、Facebook Payは現時点ではあくまでアプリ上の支払いに限定されており、Apple PayのようにNFC対応で実店舗での決済に使えるわけではありません。

 
 
Source:Facebook via 9to5Mac
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる