トップページ > 最新情報 > Apple、2019年第4四半期はウェアラブル、サービス、iPadの売上が好調
2019年10月31日 07時19分

読了まで 25

Apple、2019年第4四半期はウェアラブル、サービス、iPadの売上が好調


 
Appleは現地時間10月30日に、同社2019年第4四半期(7月〜9月)の業績を発表しました。売上高は640億ドル(約6兆9,670億円)で、前年同期と比べ2%の微増となりました。

サービス、ウェアラブル、iPadが好調

ティム・クック最高経営責任者(CEO)によれば、同社第4四半期の売上高は、サービス、Apple Watchなどのウェアラブル、そしてiPadの好調に支えられ、対前年同期比で2%増の640億ドルとなりました。
 
売上高は微増したものの、純利益は前年同期比3.1%減の137億ドル(約1兆4,910億円)となっています。
 

iPhoneとMacは売上減に

今年発売となったiPhone11シリーズが好調とされているにも関わらず、iPhoneの売上高は334億ドル(約3兆6,360億円)で、前年同期から9.2%の減少となりました。とはいえ、iPhoneがAppleの主力製品であることには変わりなく、全体の売上高の57.5%を占めています。
 
Macの売上高は69億ドル(約7,510億円)で、前年同期から4.8%減となりました。
 
一方、クック会長も強調したように、サービスの売上高は前年同期から18%増の125億ドル(約1兆3,600億円)、ウェアラブルの売上高は同54%と大幅増の65億ドル(約7,080億円)、そしてiPadの売上高は同17%増の46億ドル(約5,000億円)でした。
 

欧州、中国、日本は軒並み売上高が減少

地域別売上では、南北米は前年同期比6.5%増の293億ドル(約3兆1,900億円)とプラスだったものの、欧州は149億ドル(約1兆6,200億円、前年同期比3.2%減)、中国は111億ドル(約1兆2,010億円、同2.6%減)、日本は49億ドル(約5,300億円、同3.5%減)といずれもマイナスでした。

 
なお2020年第1四半期(2019年10月〜12月)についてAppleは、売上高は855億〜895億ドル(約9兆3,000億円〜9兆7,400億円)と見積もっています。

 
 
Source:Apple
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる