トップページ > 最新情報 > 郵便局でクレジットカード、電子マネー、スマホ決済が利用可能に 2020年2月から
2019年10月25日 17時24分

読了まで 150

郵便局でクレジットカード、電子マネー、スマホ決済が利用可能に 2020年2月から

日本郵便がキャッシュレス決済を導入
 
日本郵便は25日、郵便局の利便性の向上と増加する訪日外国人観光客への対応を目的として、2020年2月より郵便局の郵便窓口にキャッシュレス決済を導入すると発表しました。

2020年2月3日より開始予定

郵便局のキャッシュレス決済導入予定日は、2020年2月3日となっています。
 
導入当初は全国65の郵便局に導入され、2020年5月には約8,500局まで拡大、2023年までには簡易局を除く全2万局へ導入予定です(導入予定の郵便局はこちら)。

利用対象となる商品・サービス

キャッシュレス決済を利用できるのは、郵便窓口で扱う以下の商品・サービスです。
 

  • 郵便料金または荷物(ゆうパック、ゆうメールなど)運賃の支払い
  • 切手、はがき、レターパックなどの販売品(印紙を除く)の支払い
  • カタログ、店頭商品などの物販商品の支払い
  • 利用できるキャッシュレス決済の種類

    郵便局の郵便窓口で利用可能になる決済方法・ブランドは、クレジットカードが6ブランド、電子マネーは4ブランド、スマホ決済は11ブランドです。
     

  • クレジット・デビット・プリペイドカード…VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Club、銀聯
  • 電子マネー…交通系 IC、iD、WAON、QUICPay+
  • スマホ決済…ゆうちょ Pay、Amazon Pay、au PAY、d 払い、LINE Pay、メルペイ、Origami Pay、PayPay、 楽天ペイ(アプリ決済)、アリペイ(Alipay)、WeChat Pay
  •  
     
    Source:日本郵便(PDF) via 日本経済新聞
    (kotobaya)

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる