トップページ > 最新情報 > LINE、21日よりトークルームとOpenChatでハロウィンエフェクトを提供開始
2019年10月21日 19時31分

読了まで 150

LINE、21日よりトークルームとOpenChatでハロウィンエフェクトを提供開始

LINE ハロウィン
 
LINEは本日10月21日より、LINEのトークでハロウィンに関連するキーワードを送信すると、トークルームとOpenChatの背景にLINEキャラクターのハロウィンエフェクトが出現する仕掛けを提供開始しました。

出現するエフェクトは3種類

10月31日のハロウィンまであと10日となりました。LINEのiOSアプリおよびPCデスクトップ版トークルームとOpenChatで、ハロウィンに関連するキーワードを入力すると、LINEキャラクター(コニー、ブラウン、サリー)のハロウィンエフェクト合計3種類(トップ画像)が、ランダムに出現します。
 
LINEがハロウィンに合わせてサプライズエフェクトを提供するのは今年3回目となりますが、OpenChatに同エフェクトが登場するのは今回が初めてです。

キーワードは3種類

キーワードは「ハロウィ」「お菓子く」「Halloween」で、「ハロウィ」の場合、「ハロウィン」「ハロウィーン」どちらのテキストでも、「ハロウィンどうする?」などの文章内での使用でもサプライズエフェクトが出現します。
 
今年は「トリックオアトリート」にちなんで「お菓子く」のキーワードを設定しました。「お菓子くれなきゃ」「お菓子くれないと」「お菓子くばり始めるよ」など「お菓子く」が含まれた文章でサプライズエフェクトが出現します。
 
ちなみに2017年のキーワードは「ハロウィン」「ハロウィーン」「仮装」、2018年のキーワードは「ハロウィ」「トリックオアトリート」「Halloween」でした。
 

 
 
Source:LINE
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる