トップページ > おすすめアプリ > iPhoneでマイナンバーカードが読み取れるアプリが公開
2019年10月17日 20時39分

読了まで 213

iPhoneでマイナンバーカードが読み取れるアプリが公開


 
iPhoneマイナンバーカードを読み取ることができるアプリが公開されました。マイナンバーカードにiPhoneを当てるだけで、電子証明書の内容を表示することができます。

iPhoneでマイナンバーカードを読み取り可能

地方公共団体情報システム機構(J-LIS)は10月16日、iPhoneアプリ「JPKI利用者ソフト」を公開しました。
 
iOS13以降がインストールされた、iPhone7以降のiPhoneで、マイナンバーカードに含まれる電子証明書の内容を読み取ることができます。
 
開発元のJ-LISは、マイナンバー制度のシステム構築や行政手続きのデジタル化を目的に設立された地方共同法人です。
 
J-LISは、今後アプリの機能を強化する方針で、オンラインでの各種行政手続きなどに活用が期待されます。
 

JPKI利用者ソフト
カテゴリ:ユーティリティ
現在の価格:無料

※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。
 

パスワードを入力し、iPhoneをカードに当てるだけ

アプリを開くと、選択できるメニューは「自分の利用証明書を確認する」だけです。
 

 
次の画面で、「署名用電子証明書」と「利用者証明用電子証明書」のどちらかを選択します。
 

 
画面右上の「読み取り」を押し、パスワードを入力してカードの上にiPhoneを乗せるよう案内されます。
 

 
「署名用電子証明書」を選択して読み込むと、マイナンバーカード所有者の氏名や生年月日、カード有効期間などの基本情報と、sha256フィンガープリントなどの詳細情報を表示することができます。
 

 

iOS13でNFC読み取りがサードパーティに開放

iPhoneでもマイナンバーカードの読み取りが可能になったのは、iOS13でNFC機能がサードパーティ製アプリに公開されたためです。
 
NFC読み取り機能を活用して、nanacoやWAON、交通系ICカードの残高や利用履歴を読み取り可能なアプリも公開されています。
 
 
Source:地方公共団体情報システム機構(J-LIS)報道発表, 操作説明 via 日経XTECH
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる