トップページ > 最新情報 > Apple、ニューヨークの広大なオフィスをめぐってFacebookと対決
2019年10月17日 00時21分

読了まで 147

Apple、ニューヨークの広大なオフィスをめぐってFacebookと対決


 
AppleFacebookが、ニューヨーク市マンハッタンの74万平方フィート(約6万9,000平方メートル)のオフィスの使用権をめぐって争っている、とNew York Postが報じています。

Facebookが獲得する可能性が高い?

争いの元となっているマンハッタンのオフィスは、元々ジェームズ・ファーレー郵便局だった建物の中にあります。
 
最初にFacebookが目をつけていたオフィスに、Appleが興味を示し始めたのは今年の始めとされています。Appleは、Facebookと同じく4階すべてのフロアの使用を目論んでいます。
 
New York Postは、マンハッタンのオフィスを次のように説明しています。
 

西30丁目と西33丁目の間のマンハッタン9番街390番地のブロック全体を占めるファーレービルは、ニューヨーク市指定歴史建造物に1966年に指定されました。(2020年末までに完成予定の)リノベーションにより、ビルの下に新しい駅のホールが作られ、1階と地下にはレストランと小売店ができます。

 
ファーレービルの開発を進めるVornado Realty Trustの会長のスティーブ・ロス氏は、過去にFacebookと仕事をしたことがあり同社に好感を持っているため、Facebookに使用権を与えるのではないか、とNew York Postは推測しています。
 
 
Source:New York Post via 9to5Mac
Photo:6sqft
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる