Appleのティム・クックCEO、ドイツのデザインセンターを訪問〜ビールも満喫


     
    Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)が、ドイツ・ミュンヘンにあるAppleのデザインセンターを訪問しました。自身のTwitterアカウントでその様子をシェアしています。

    デザインセンターのチームを称賛

    ミュンヘンのAppleのデザインセンターは、Apple製チップのバッテリー性能を改善する役割を担っています。クックCEOは、チームの素晴らしいエンジニアリングと、細部へのこだわりを讃えました
     


     
    クックCEOは、DJアプリの開発を行うミュンヘンの企業Algoriddimも訪れました。同社のCEOのカリム・モーシー氏は、Appleでインターンとして務めた経歴を持っています。
     


     
    クックCEOは、読書アプリBlinkistのオフィスも訪問し、才能あふれるチームに感銘を受けたようです。アプリはノンフィクションの本をわずか15分以内で読めるよう内容を要約してくれます。
     


     
    クックCEOは、ドイツでビールもしっかりと楽しんだ模様です。
     


     
     
    Source:AppleInsider
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次