2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iPhoneのAppleロゴは将来デコレーション可能になる?Appleが特許を申請


     
    iPhoneのAppleロゴに装飾を加えたい場合、これまでは外付けのケースを使用するしか方法はありませんでしたが、今後ユーザー自身がロゴ部分の設定を行えるようになるかもしれません。

    様々な効果や不透明度を実現可能

    Appleが2018年9月に提出した「デコレーションが調整可能な電子機器(Electronic Devices With Adjustable Decoration)」の特許出願には、iPhoneのAppleロゴを、デバイス設定でデコレーションする方法が記されています。
     
    デコレーション可能なロゴ部分は、調整可能な光学部品が埋め込まれた透明なレイヤーでできています。光学部品は、色合いレイヤー、ぼやけレイヤー、反射鏡レイヤー、そして誘電体スタックとカラーフィルターを使った薄膜干渉フィルターで構成されており、様々な効果や不透明度を実現できます。
     

    ユーザーへの通知にも使える?

    デコレーションはデバイスから制御することが可能なため、「設定」アプリでAppleロゴの色合いや反射具合などの調整を行えるようになるかもしれません。
     
    また、デコレーションはユーザーへの通知にも使用可能です。例えば、反射モードと通常モードを切り替えることで着信を知らせたりすることもできるでしょう。
     
    今回の特許のデコレーションは、iPhoneだけでなくMacBookなどのAppleロゴがあしらわれているその他のApple製品にも応用可能とされています。
     
     
    Source:USPTO via AppleInsider
    Photo:Indi Samarajiva/Flickr
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次