トップページ > iOS > iOS13.1、iPhone11での最大7.5W出力のワイヤレス充電速度を抑制
2019年9月27日 08時26分

読了まで 25

iOS13.1、iPhone11での最大7.5W出力のワイヤレス充電速度を抑制

mophie wireless charging pad
 
iOS13.1にアップデートしたiPhone11シリーズでは、最大7.5W出力のワイヤレス充電器の一部で、出力が抑制されていることが分かりました。iOS13.1での制御によるものと考えられます。

1時間での充電量に大きな差

iPhoneシリーズでのワイヤレス充電は、対応する充電器を使えば最大7.5Wの出力で充電が可能です。
 
しかし、充電関係情報を専門に取り扱うChargerLABが、テストを行ったところ、iOS13.1にアップデートしたiPhone11やiPhone11 Proでは、最大出力が7W未満に抑制されていると報じています。
 
以下が、iPhone11(iOS13.0)で充電した時のグラフです。最大出力が7.5Wであることが分かります。
 
iOS13.0 Charger LAB
 
そして、iOS13.1にアップデートした後のグラフがこちらです。最大出力が6.7W前後になっています。
 
iOS13.1 Charger LAB
 
出力が抑制されたことによる、充電時間への影響を示したのがこちらのグラフです。iOS13.0(左の線)ではフル充電まで3時間20分ほどでしたが、iOS13.1では4時間に伸びています。
 
充電開始から1時間経過した時点で、iOS13.0では40%まで充電できていますが、iOS13.1では28%までしか充電できていません。
 
iOS13.1 iOS13.0 比較 Charger LAB
 

Apple Storeで販売の製品は7.5W充電が可能

テストを行ったChargerLABは、iOS13.1でも7.5W出力でのワイヤレス充電が可能なのは、Apple Storeで販売されている、Belkin、Mophie、Native Union、Anker、Logitechといったメーカーのワイヤレス充電器に限られるようだ、と指摘しています。
 
Appleは、固定周波数電圧調整(fixed-frequency voltage regulation)を推奨しており、Apple Storeでは、同規格に対応した製品が販売されている模様です。

 
 
Source:ChargerLAB via MacRumors
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる