トップページ > 最新情報 > iOS13のバグ、キーボードアプリに問題 Appleが注意喚起
2019年9月25日 15時54分

読了まで 146

iOS13のバグ、キーボードアプリに問題 Appleが注意喚起

keyboard app


 
iOS13内のバグの影響でキーボードアプリに問題が発生するとAppleが警告しています。問題はユーザーがアプリに許可する権限に関するものであり、iOS13のバグによりアプリが許可されなくてもネットワーク経由でキーボードに様々な機能を追加できる可能性があるとAppleは指摘しています。

問題は近日修正

ユーザーがサードパーティー製のキーボードアプリフルアクセス」を許可することで、アプリはネットワーク経由で様々な機能を付加することができます。しかしiOS13のバグが原因で、ユーザーがフルアクセスを許可しなくてもキーボードアプリが機能を追加できてしまうようです。
 
使い方 キーボード 追加 フルアクセス許可
 
ソフトウェアキーボードはiPhoneの主要な入力手段であり、高性能な変換予測カスタマイズ機能オリジナル絵文字などがあるサードパーティー製のキーボードアプリを使用しているユーザーも多くいます。
 
しかしキーボードアプリからはクレジットカード番号やID、パスワードも入力されるため、アプリはユーザーの重要な秘密情報を入手できる存在でもあります。そのキーボードアプリがユーザーの許可なく機能を追加できるとすれば大きな問題です。
 
Appleはこのバグを近日中に修正すると発表していますが、もし不安なら、修正が完了するまでサードパーティー製のキーボードアプリを削除してAppleが提供する標準のソフトウェアキーボードに戻しておけばいいでしょう。
 
 
Source:Apple,MacRumors
(KAZ)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる