トップページ > 最新情報 > iOS13.0のバグ、PUBGなど多数のアプリでプレイの障害に
2019年9月21日 05時34分

読了まで 151

iOS13.0のバグ、PUBGなど多数のアプリでプレイの障害に

PUPG
 
先日公開されたiOS13に含まれているバグの影響でPUBGFortniteなどを含む多くのゲームアプリがプレイしにくくなっていることが判明しました。これを受けてゲーム開発者はiOS13へのアップデートを控えるよう呼びかけています。

3本指ジェスチャー

iOS13は3本指で画面をタッチした際に不具合が発生するバグを含んでいます。本来ならテキストボックス表示中に3本指で画面を1〜2秒タッチすればテキスト編集ジェスチャーとして機能し、画面上部に編集バーが表示されますが、iOS13ではテキスト編集中でなくても編集バーが表示されてしまいます。
 
iOS13 WWDC 19
 
普段のiPhoneの利用で3本指で同時に画面をタップすることはあまりないのですが、PUBGをはじめとするゲームでは上級者になれば3本の指を使って操作することが多くなります。そのためiOS13をインストールしてしまうとゲーム中にテキスト編集バーが表示されてプレイの障害となることがあり、PUBGでもiOS13へのアップデートを控えるよう警告を出しています。

iOS13.1で修正

このiOS13のバグについて、現時点でアプリ開発者側ができることはアップデートを控えるように告知する以外にほとんどありません。Apple側の対応を待つしかないのですが、今回のバグは比較的早く修正される予定です。Appleは9月25日にiOS13.1とiPadOSの正式版を公開します。
 
このバージョンでは3本指ジェスチャーに関するバグは修正されており、ゲームの障害となることもありません。PUBGなどのプレイヤーはiOS13.1を待つのがベターでしょう。
 
 
Source:9to5Mac
(KAZ)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる