トップページ > 最新情報 > PayPayが公共料金支払いに対応、0.5%のポイントも付与
2019年9月3日 07時56分

読了まで 155

PayPayが公共料金支払いに対応、0.5%のポイントも付与

PayPay ロゴ
 
スマートフォン決済サービスのPayPayは、電気・水道・ガスといった公共料金の請求書に記載されたバーコードをPayPayアプリで読み取って支払える「PayPay請求書払い」を9月2日から開始しました。支払額の0.5%のPayPayボーナスも付与されます。

公共料金をいつでもPayPayで支払い

PayPay請求書払い」は、電気やガスなど公共料金の請求書(払込票)に印刷されたバーコードを、PayPayアプリの「スキャン」ボタンから読み込み、支払額を確認したら「支払う」ボタンをタップするだけで支払いが完了します。
 
PayPay請求書払い
 
スマートフォンと請求書があれば、自宅で24時間いつでも支払うことができ、支払いのためにコンビニや金融機関に行く必要もありません。

支払いにはチャージした「PayPay残高」を利用

「PayPay請求書払い」で支払うと、0.5%相当のPayPayボーナスが付与されます。PayPayボーナスは通常、支払日の翌月20日前後に付与されます。
 
なお、「PayPay請求書払い」に利用できるのは、PayPayにチャージしたPayPay残高のみで、クレジットカードは利用できません。

東京電力などが対応、10月以降も拡大予定

サービス開始当初から「PayPay請求書払い」に対応するのは以下の事業者です。
 

  • 東京ガス
  • 東京電力
  • 東京都水道局
  • 広島ガス
  • 中国電力
  • 九州電力

 
9月30日からは、「Yahoo!マネー」で支払える約300の地方公共団体・事業者に対応するほか、10月以降は北海道ガスなども対応する予定と発表されています。
 
なお、LINEも「LINE Pay請求書支払い」として、同様のサービスを提供しています。
 
 
Source:PayPay
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる