9月1日の対中関税引き上げ、AirPodsやApple Watchに影響

Apple Watch AirPods

Apple Watch AirPods
 
9月1日に10%の追加関税が課せられる3,000億ドル相当の中国製品に、iPhoneやMacBookは含まれないものの、デスクトップ版MacやAirPodsApple Watchなどは含まれている模様です。

iPhone、iPad、MacBookは対象から逃れたが…

米通商代表部の発表により、iPhoneやiPad、MacBookなどは9月1日に発動される追加関税の対象とはならず、12月15日までは猶予されることがわかりました。
 
しかし米メディアBloomergが12月15日まで対象から外される製品のリストを精査した結果、一部Apple製品には9月1日の時点で追加関税が課せられることが判明しました。

Apple WatchやAirPodsは9月1日時点で追加関税対象に

同メディアによれば、以下の製品への追加関税は12月15日まで猶予されます。
 

  • iPhone
  • MacBook(全モデル)
  • iPad
  • iPod touch
  • Apple TV
  • Pro Display XDR
  • キーボード
  • ヘッドフォン(有線)

 
一方、以下の製品については9月1日時点で追加関税が課せられます
 

  • Macデスクトップ
  • Apple Watch
  • AirPodsおよびワイヤレスのBeatsヘッドフォン
  • HomePod

 
さらにApple Watchのバンド、バッテリーパック、交換用バッテリーなどのアクセサリも、9月1日時点で追加関税対象となります。

 
 
Source:Bloomberg via 9to5Mac
(lunatic)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

特集

目次