2019年8月3日 01時40分

読了まで 26

Apple、Siriの会話分析を停止、今後はユーザーが同意した場合のみ評価と発表

WWDC19 Siri


 
Appleが、ユーザーとSiriのやり取りの一部を委託業者に送って音声認識の精度を評価していると報じられたのを受けて、現在は評価を停止しており、今後はユーザーが希望する場合のみ、音声を評価に使用すると発表しています。

Siriとの会話、評価対象は「1%未満」とApple

iPhoneやHomePodに内蔵されたSiriとユーザーの会話が録音され、一部が世界各地の委託業者に送られて、音声認識や解答の精度を評価するのに使われていると先日、英メディアGuardianが報じました
 
このニュースは、ユーザーのプライバシー尊重を強調しているAppleが、Amazonと同じようなことをしていた、と衝撃的に受け止められました。
 
AppleはGuardianに対し、分析に使われる音声は全体の1%未満とごく一部であり、音声がApple IDと紐づけられることはなく、ユーザーのプライバシーを守るために厳重な体制を敷いていると説明していました。
 
Siri iOS12
 

現在は評価を停止、今後は同意したユーザーの音声のみを評価

Appleは現地時間8月1日、BloombergやTechCrunchに以下の声明を発表し、現在は音声認識の評価を停止しており、今後はユーザーが同意した場合のみ、音声を評価に使用する、と発表しています。
 

私たちは、ユーザーのプライバシーを守りながら、Siriによる素晴らしい体験をお届けするために努力しています。
 
根本的な見直しを行う間、Siriの評価を世界的に一時停止しています。さらに、将来のソフトウェアアップデートで、ユーザーはSiriの評価に参加するかどうかを選択可能になります。

WWDC19 Siri
 

Appleのセキュリティ資料にも詳細な説明なし

Appleは、iOSのセキュリティ関係情報をまとめたホワイトペーパーで、Siriをオンにするとランダムな識別子が生成されることなどを説明しています。
 
しかし、実際に音声認識精度の評価がどう行われるかについて、具体的には言及していません。
 
 
Source:Bloomberg, TechCrunch, Apple
(hato)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる